Ayurveda

Ayurveda

アーユルヴェーダ
極上の癒しシロダーラ


「自然治癒力を高め、自分らしい心と身体のバランスを取り戻す」

アーユルヴェーダとは、5000年前より、古代インドに伝わる世界最古の伝承医学です。

サンスクリット語でアーユス「生命長寿」、ヴェーダ「知恵・科学」
生命科学・長寿の知恵という意味を持っています。

体と心をホリスティックに扱い、病気の治療だけでなく、健康増進や若返りをもたらす方法を教えてくれる生き方の知恵。

そしてそれが生まれてから死ぬまでの寿命をいかに幸福に過ごすかを教えてくれる人生の知恵とも云われています。

アーユルヴェーダでは、人それぞれの個々を認め、その人に合った食事法・ライフスタイルハーブやオイルを使った実践法など、健康で幸せに導くための様々な教えが伝承されています。

WHOもアーユルヴェーダの重要性を認めており、心身ともに病む現代人にとって役立つことが大いに期待されています。

5000年もの月日が過ぎている中、今でも変わらず伝えられているものは多くありません。

その数少ないものの中にアーユルヴェーダが存在するのです。


「ドーシャ」

アーユルヴェーダでは、私たちの体や心の動きの基礎になるエネルギーをドーシャ(体質)と呼びます。

人は誰でも3つのエネルギーを持っていて、このエネルギーがバランスよく動いてると、健康で快適なのですが、そのバランスが崩れると心も体も不快な状態となります。

このアンバランスを整えるのが、アーユルヴェーダの治療といわれます。

心身のバランスを整えるために、まず自分自身のドーシャを知ることが大切です。

ドーシャは基本ヴァータ・ピッタ・カパの3つの体質に分けられます。

・ヴァータ<風のエネルギー> 風 / 空
軽い・動く・冷たい・速い・乾燥性・不規則性

・ピッタ<火のエネルギー>  火 / 水
熱い・鋭い・軽い・流動する・微油性

・カパ<水のエネルギー> 水 / 土
重い・遅い・冷たい・安定性・油性

ドーシャがバランスいい状態…
心地よい、幸福感がある、静寂、純粋、体の存在感を感じない、さわやか。

ドーシャがバランス悪い状態…
胃が冷える、頭が痛むなどの自覚症状、体の存在感がある。